産経ニュース

【松浦肇の緯度経度】「対岸の火事」と決め込んでいた米ウォール街の住人が慌て始めた 「開戦は新月の夜が多い…」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【松浦肇の緯度経度】
「対岸の火事」と決め込んでいた米ウォール街の住人が慌て始めた 「開戦は新月の夜が多い…」

 北朝鮮の弾道ミサイル発射のニュースがニューヨークに伝わった米東部時間14日夜、夜間取引市場では株式先物が下落し、「有事」に買われる金の価格が上昇した。

 これまでは北朝鮮問題を「対岸の火事」と決め込んでいた米ウォール街の住人が慌て始めている。

 ニューヨークのマンハッタンには「デリバーリング・アルファ」なる金融のプロの間では名の通った会合がある。日本語に意訳すると「市場に勝つ」。米国を代表する銀行家や運用責任者が、ご自慢の投資戦略を開陳する集まりである。

 「デリバーリング・アルファ」は毎年夏、トランプ米大統領が住んでいたトランプタワーそばにある高級ホテル「ザ・ピエール」で開催される。今年は9月12日に開かれ、ムニューシン米財務長官ほか、米投資会社ブラックストーン・グループや米大手銀JPモルガン・チェースなど名だたる金融機関のトップが集まった。

 「デリバーリング・アルファ」は7年目になるのだが、今年は金融とは毛色の違った会話が交わされた。投資で考慮すべきリスク要因として、これまで俎上(そじょう)にのぼったことすらない北朝鮮問題が初登場したどころか、頻繁に強調されていたのである。

続きを読む

「ニュース」のランキング