産経ニュース

【北ミサイル】人道支援表明の翌日に北はミサイル発射で回答 泥塗られた文在寅政権、一層の圧力迫られる

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
人道支援表明の翌日に北はミサイル発射で回答 泥塗られた文在寅政権、一層の圧力迫られる

15日、北朝鮮のミサイル発射に対抗して韓国軍が発射した弾道ミサイル「玄武2」(韓国国防省提供、共同) 15日、北朝鮮のミサイル発射に対抗して韓国軍が発射した弾道ミサイル「玄武2」(韓国国防省提供、共同)

 「政治と人道支援は別」という文在寅政権の原則論の矛盾は韓国内でも問題視されている。「国連安全保障理事会の新たな対北制裁決議が採択されたばかりでなぜ支援方針を明らかにしたのか」(15日付の朝鮮日報)、「人道的支援だとしても違和感が拭えない。国際的な対北制裁連携に亀裂を及ぼす恐れがある」(中央日報)との批判だ。

 韓国世論の疑念を、北朝鮮が朝一番のミサイル発射で実証してしまった。文大統領は、国際社会からの誤解を増幅させぬよう一層の対北圧力を迫られている。

関連トピックス

「ニュース」のランキング