産経ニュース

【北ミサイル】またも反発を行動で示した金正恩政権、グアムに届くがグアムは狙わず 首都からの発射で内外に能力誇示

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
またも反発を行動で示した金正恩政権、グアムに届くがグアムは狙わず 首都からの発射で内外に能力誇示

北朝鮮の労働新聞が7月29日掲載した、「火星14」発射に立ち会い、笑顔で拍手する金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真(共同) 北朝鮮の労働新聞が7月29日掲載した、「火星14」発射に立ち会い、笑顔で拍手する金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真(共同)

 日米韓は、ミサイル発射を準備する動きを継続的に捕捉しており、国際社会の監視の下での強行だった。韓国軍は、動きを予測していたことを見せつけるかのように即座に弾道ミサイルの発射訓練で「報復」姿勢を示した。

 大陸間弾道ミサイル(ICBM)完成には、弾頭部分の大気圏再突入技術の確立が不可欠とされるが、韓国当局は、技術が未確立だと分析していた。金正恩政権は、国連制裁による経済への影響が拡大する前に、ICBMを完成させるため、技術を早急に確立する必要に迫られている。

 制裁決議前、北朝鮮外務省は「米国が考えもしない強力な行動措置を連続的に講じる」と警告していた。米本土を狙う核兵器技術の獲得に向け、北朝鮮が今後もミサイル発射を繰り返す可能性は高い。

このニュースの写真

  • またも反発を行動で示した金正恩政権、グアムに届くがグアムは狙わず 首都からの発射で内外に能力誇示

関連トピックス

「ニュース」のランキング