産経ニュース

【イスラム国(IS)】「イスラム国」家族1300人収容 イラク、日本からも渡航か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【イスラム国(IS)】
「イスラム国」家族1300人収容 イラク、日本からも渡航か

シリアのアルカーイダ系組織が8月9日、同国北部イドリブ県でIS戦闘員を拘束した際のものとされる映像。アルカーイダ系組織の広報部門が公表した(AP) シリアのアルカーイダ系組織が8月9日、同国北部イドリブ県でIS戦闘員を拘束した際のものとされる映像。アルカーイダ系組織の広報部門が公表した(AP)

 AP通信は10日、イラク軍関係者の話として、過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員の妻や子供ら約1300人が同国北部の避難民キャンプに収容されていると伝えた。「日本や韓国などから来た人」も含まれるとしているが、日本人かどうかは不明。

 在イラク日本大使館は「報道は承知しているが、今のところ日本人がいたとの確たる情報には接していない」としている。

 APによると、収容者の出身国は14にわたり、多くは中央アジアやロシア、トルコから移り住んだとしているが、国籍別の人数など詳細は明らかにされていない。

 ISが国内最大拠点としていた北部モスルから西に約70キロ離れた要衝タルアファルをイラク軍が8月末に奪還する際、クルド人の治安部隊に投降した戦闘員の家族で、本国に強制送還される見通し。現在は人道支援団体の物資援助を受けテントで生活しているという。イラク軍は7月にモスルを解放後、8月20日にタルアファルの奪還作戦を開始、31日に奪還したと明らかにしていた。(共同)

「ニュース」のランキング