産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


独侵攻の被害110兆円超 ポーランド外相が主張

 ポーランドのワシチコフスキ外相は4日、第2次大戦のナチス・ドイツの侵攻による被害が1兆ドル(約110兆円)を超えるとの見方を示し「1939年の侵攻が両国関係に影を落としていることについて、ドイツと真剣に話し合う必要がある」と述べた。ポーランドのラジオに語った。

 ドイツはメディアや司法の統制を強めるポーランドの強権的な政策を批判しており、ワシチコフスキ氏の発言にはドイツを牽制する狙いがあるとみられる。

 ワシチコフスキ氏は「ポーランドが破壊され、ひどい犯罪行為があり、補償が支払われていないのは事実だ」とした上で、賠償請求に関して準備をしていると説明した。

 ドイツのメディアによると、ドイツ側は、ポーランドが戦後に賠償請求を放棄したため請求権は既に消滅したとの立場。ポーランドが実際に賠償請求すれば、両国の対立に発展する恐れがある。(共同)

「ニュース」のランキング