産経ニュース

【北ミサイル】万景峰、ロシアが入港拒否 制裁影響で使用料払えず…北朝鮮定期航路廃止も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
万景峰、ロシアが入港拒否 制裁影響で使用料払えず…北朝鮮定期航路廃止も

ロシア・ウラジオストク港に入港する北朝鮮の貨客船「万景峰」=8月17日(共同) ロシア・ウラジオストク港に入港する北朝鮮の貨客船「万景峰」=8月17日(共同)

 北朝鮮北東部の羅先とロシア極東ウラジオストクを結ぶ北朝鮮の貨客船「万景峰」について、ロシアの港湾当局が8月下旬、港湾使用料の未払いを理由に、入港拒否を通告したことが2日、分かった。万景峰は現在、運航を停止中。国連の北朝鮮制裁の影響で運航会社は利益を出せず、使用料を支払えずにいる。核・ミサイル開発を加速する北朝鮮に資金をもたらし制裁の抜け穴になると懸念されていた露朝間初の定期航路は3カ月で廃止となる可能性が出てきた。

 万景峰は5月の航路開設以降、羅先とウラジオストクを週1回往復し、毎回、北朝鮮国籍の約40人の乗組員が乗船。給料の約40%を同国政府に納めていた。

 しかし、国連制裁により北朝鮮からの海産物の輸入や労働者の新規受け入れが禁止されたことで、期待していた利益が上げられなかった。当初100人以上を見込んだ乗客が10人に満たないこともあった。(共同)

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング