産経ニュース

中国、胡錦濤派の軍首脳2人を拘束 規律違反の疑いで

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国、胡錦濤派の軍首脳2人を拘束 規律違反の疑いで

中国人民解放軍の房峰輝前統合参謀部参謀長=3月、北京の人民大会堂(共同) 中国人民解放軍の房峰輝前統合参謀部参謀長=3月、北京の人民大会堂(共同)

 【北京=西見由章】中国の房峰輝・前統合参謀部参謀長(66)と張陽・中央軍事委員会政治工作部主任(66)が規律違反の疑いで調査を受けていることがわかった。中国筋によると2人は8月30日、中央軍事委などが入る「八一大楼」で、事実上の身柄拘束となる「双規」を通告されたという。

 人民解放軍の中枢である中央軍事委のメンバー11人のうち2人が拘束されるのは極めて異例の事態だ。両氏は胡錦濤前国家主席に近いとされる。今秋の中国共産党大会を目前に控え、習近平国家主席が軍上層部の人事掌握を進める狙いもありそうだ。

 房氏は6月に米ワシントンで開かれた閣僚級の「外交・安全保障対話」に出席したほか、8月15日には米軍のダンフォード統合参謀本部議長と北京で会談。ただ中国国防省は同26日に突然、房氏の後任参謀長として李作成・陸軍司令官が就任したことを公表した。

このニュースの写真

  • 中国、胡錦濤派の軍首脳2人を拘束 規律違反の疑いで

「ニュース」のランキング