産経ニュース

【谷山雄二朗の「バカもん英語塾」】「沈黙は悪徳」 割り込んだ中国人にぼくは大声で注意しました

ニュース 国際

記事詳細

更新

【谷山雄二朗の「バカもん英語塾」】
「沈黙は悪徳」 割り込んだ中国人にぼくは大声で注意しました

谷山雄二朗氏 谷山雄二朗氏

 それでもしらを切るハイエナら。諦め顔で傍観する情けない欧米人たち。この「日中戦争」の結末はここでは述べませんが、とにかく大切なことは国際社会では「沈黙は悪徳」だと言うこと。日本人が好きな「沈黙は美徳」という格言は国際社会では通用しません。

 現代は皮肉にも、荀子の性悪説を中華民族自らが実証している時代。バカは揉め事など恐れてはいけません。慰安婦一つみても分かるように、事実と異なる点をも看過し、反論どころか謝罪する我が国の政治家らは、愚の骨頂です。

 もちろん、すべての外国人観光客の態度が悪いと言っているのではありません。今回の英文は激増する訪日客の中に潜む態度の悪い「ハイエナ」たちにも使える万能薬として、小学生諸君もママと一緒に日頃から丸暗記・音読しておこう。

 プライドだけ高く中身空っぽの似非(えせ)エリートらには、到底吐けないphraseではありますが、これもまたユーモアでして現に白人バックパッカーらはウケていました。

続きを読む

「ニュース」のランキング