産経ニュース

「チャイニーズ・タイペイ(中華台北)」呼称に拒否感 「台湾」へ改名運動も ユニバーシアード大会

ニュース 国際

記事詳細

更新


「チャイニーズ・タイペイ(中華台北)」呼称に拒否感 「台湾」へ改名運動も ユニバーシアード大会

東京五輪では「中華台北」でなく「台湾」の名称を使うよう訴える市民ら=13日、台北市(中央通信社=共同) 東京五輪では「中華台北」でなく「台湾」の名称を使うよう訴える市民ら=13日、台北市(中央通信社=共同)

 台北市で開会中の学生スポーツの祭典、ユニバーシアードで台湾の呼称は五輪に準じ「チャイニーズ・タイペイ(中華台北)」と表記されるが、台湾では「台湾に改称するよう求めよう」との議論が起きている。開幕前の12日には、市内で「台湾は中華台北とは違う」と書いた巨大な横断幕を掲げた集会が開かれた。

 民間シンクタンク、台湾民意基金会による最近の世論調査では「中華台北」の名称を望まない人が48%に上り、望む人の42%を上回った。

 「中華台北」の呼称をめぐっては、1971年に中華人民共和国が国連に加盟後、同国はスポーツなどでも「一つの中国」原則に基づき「中華民国」(台湾)の排除に動き、79年に名古屋で開かれた国際オリンピック委員会(IOC)会議で現在の呼称への変更を決議した経緯がある。(共同)

このニュースの写真

  • 「チャイニーズ・タイペイ(中華台北)」呼称に拒否感 「台湾」へ改名運動も ユニバーシアード大会
  • 「チャイニーズ・タイペイ(中華台北)」呼称に拒否感 「台湾」へ改名運動も ユニバーシアード大会

「ニュース」のランキング