産経ニュース

【英EU離脱】英、移行期間の関税協定要求 EU側は「いいとこ取り」批判も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【英EU離脱】
英、移行期間の関税協定要求 EU側は「いいとこ取り」批判も

 【ロンドン=岡部伸】英政府は15日、欧州連合(EU)からの離脱に伴い、加盟国間の関税を撤廃し域外との貿易に共通関税を設ける「関税同盟」から抜けた上で、2年程度の移行期間を設けて新たに暫定的な関税協定を締結するとの交渉方針を発表した。その間に第三国との自由貿易協定(FTA)の協議をまとめたい考えだ。

 デービスEU離脱担当相が明らかにした。離脱で最大の貿易相手であるEUとの間で関税や通関手続きが生じることを回避するのが狙い。今月末のEUとの離脱交渉で正式提案する。

 英国はEUとの新たな通商関係について「円滑で秩序ある移行」を目指すと説明。デービス氏は英BBC放送で、「可能な限り現状に近い取り決めにしたい」と述べており、移行期間中も関税ゼロの継続を求めるとみられる。

 英国が目指す新たな関税協定は、離脱に伴う激変緩和措置の一環。関税協定失効後の他国とのFTA締結を視野に入れているが、EU側は、英国に都合の良い“いいとこ取り”だとして反発を強める可能性が高く、未払い分担金清算などで一定の進展がない限り、応じない意向だ。

「ニュース」のランキング