産経ニュース

【劉暁波氏死去】1カ月たつ今も妻は軟禁され消息不明 人権団体が解放求め声明 心身案ずる声拡大

ニュース 国際

記事詳細

更新

【劉暁波氏死去】
1カ月たつ今も妻は軟禁され消息不明 人権団体が解放求め声明 心身案ずる声拡大

劉暁波氏の妻、劉霞さんを釈放するよう求めるプラカードを掲げ、ろうそくを手に劉暁波氏を悼む人々=7月15日、香港(AP) 劉暁波氏の妻、劉霞さんを釈放するよう求めるプラカードを掲げ、ろうそくを手に劉暁波氏を悼む人々=7月15日、香港(AP)

 【北京=西見由章】中国の民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が当局に拘束されたまま死去して13日で1カ月を迎えた。当局の監視下にある妻の劉霞さん(56)とその実弟はいまだに親族や友人らが連絡を取れない状況で、法的根拠のない軟禁の解除を当局に求める声が国内外で高まっている。

 香港の中国人権民主化運動ニュースセンターによると、遼寧省沖で劉氏の海葬が行われた先月15日以降、劉霞さんら2人は当局によって雲南省まで「旅行」に連れて行かれ、今月1日には北京に戻ったが、自宅にはおらず消息不明のままだ。劉霞さんは重いうつ症状や心臓疾患を抱えているとされ、北京の人権活動家の女性は「『旅行』に連行されたまま何も状況が分からず、とても心配している」と劉霞さんの心身を案じる。

 劉氏の死去1カ月に合わせて、1989年の天安門事件で子供を亡くした親の会「天安門の母」をはじめ、中国本土や香港、台湾、米国などで人権擁護に取り組む42団体は連名で声明を発表した。中国政府に対して劉霞さんへの「違法な軟禁」をやめ、劉氏の追悼活動を行ったために拘束された6人の解放も要求している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 1カ月たつ今も妻は軟禁され消息不明 人権団体が解放求め声明 心身案ずる声拡大
  • 1カ月たつ今も妻は軟禁され消息不明 人権団体が解放求め声明 心身案ずる声拡大

「ニュース」のランキング