産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】不毛な「もりかけ」追及より金正恩が発射するミサイルから日本国民を守る方策論ぜよ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
不毛な「もりかけ」追及より金正恩が発射するミサイルから日本国民を守る方策論ぜよ

ソウル駅でトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が映し出されたニュースの画面を見る男性(AP) ソウル駅でトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が映し出されたニュースの画面を見る男性(AP)

 北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過する悪夢が現実になるかもしれない。

 北朝鮮は9日、グアム沖30~40キロ沖に新型中距離弾道ミサイル「火星12」を4発同時に発射する作戦案を「検討中」と警告した。朝鮮中央通信は10日、ミサイルが発射された場合、島根、広島、高知3県の日本上空を通過すると報道、不測の事態を招きかねない。

 情勢は一気に緊迫した。トランプ米大統領を本気にさせる「レッドライン(越えてはならない一線)」の一つとされる、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に北が成功したのは7月4日だった。

 「この男は他に、やることはないのかね」。トランプ米大統領はツイッターでこうつづった。

 ICBM発射に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長は、実験成功をうたいあげ、「今後も贈り物を送ってやろう」とうそぶいた。

 それからわずか3週間余りの7月28日、今度は深夜(日本時間午後11時40分)にICBMを日本海に撃ち込んだ。金正恩氏は「米本土の全域が射程圏にあることが立証された」と宣言した。

 韓国の文在寅大統領はミサイル発射を受け、国家安全保障会議(NSC)を招集、韓国独自の対北制裁を検討するよう指示した。北朝鮮との対話に固執してきた文氏だが、さすがに現実路線へと方針転換を余儀なくされた。

続きを読む

「ニュース」のランキング