産経ニュース

【北ミサイル】グアムに度重なる脅し 背景に空軍基地配備のB1爆撃機の存在

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
グアムに度重なる脅し 背景に空軍基地配備のB1爆撃機の存在

米空軍のB1―B戦略爆撃機(ロイター) 米空軍のB1―B戦略爆撃機(ロイター)

 北朝鮮からミサイル攻撃を警告された米グアムの住民の間では、過去に同様の脅しを北から受けた経緯から、警告を「プロパガンダだ」などと冷静に受け止める向きが強い。グアムの米軍基地は太平洋地域で、同盟国に頼らず米領に配置する最西部の主要拠点とされ、北朝鮮はグアムから飛来する戦略爆撃機を警戒してきた。一方、米朝が挑発や非難の応酬を繰り広げる中、偶発衝突を懸念する声も高まっている。

 北朝鮮が、あからさまに軍事的な「脅し」をグアムに向けたのは、今回が初めてではない。

 朝鮮人民軍総参謀部は昨年9月、米爆撃機の展開を非難する声明の中で、「グアムを地球上から消す」と過激な表現で警告した。金正恩・朝鮮労働党委員長も2013年、米軍に対する攻撃計画の立案を軍に命じる中、グアムを攻撃対象として挙げた。

 北朝鮮の激しい敵対姿勢の背景にあるのは、グアム・アンダーセン空軍基地に配備された戦略爆撃機の存在だ。発見されにくい低空で長距離飛行が可能なB1爆撃機は、同基地から朝鮮半島まで2時間弱で飛行。北朝鮮の弾道ミサイル発射などの挑発に対し、米軍はB1をグアムから朝鮮半島方面に飛来させて牽制し、北はそのたびに強く反発してきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • グアムに度重なる脅し 背景に空軍基地配備のB1爆撃機の存在
  • グアムに度重なる脅し 背景に空軍基地配備のB1爆撃機の存在

関連ニュース

「ニュース」のランキング