産経ニュース

【湯浅博の世界読解】対北朝鮮制裁は本当に「過去最大」だったのか? 中国は時間稼ぎに成功した

ニュース 国際

記事詳細

更新

【湯浅博の世界読解】
対北朝鮮制裁は本当に「過去最大」だったのか? 中国は時間稼ぎに成功した

トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(いずれもロイター=共同) トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(いずれもロイター=共同)

 東西冷戦期に、ソ連の中距離弾道ミサイルSS20が東欧に配備され、米欧の核がデカップリング(切り離し)されたと同じ状況を迎える。

 このとき西独のシュミット首相(当時)は、このデカップリングを防ぐため、米国の核ミサイルを欧州に配備してSS20を抑止するよう働きかけた。やがて、米国は西独にパーシングIIを配備して相殺し、SS20の撤去が実現した。

 日本はそこまで追い込まれる前に、米国の対北制裁を支援しつつ、非核三原則の「持ち込ませず」を見直し、日本の決意を敵性国家に示すべきであろう。(東京特派員)

「ニュース」のランキング