産経ニュース

「日本は安全なのか?」 北海道の「福建省美人教師失踪事件」で中国メディアの報道過熱 SNSでは日本批判も 「“敵対国家”に行くのは賛成しない」

ニュース 国際

記事詳細

更新


「日本は安全なのか?」 北海道の「福建省美人教師失踪事件」で中国メディアの報道過熱 SNSでは日本批判も 「“敵対国家”に行くのは賛成しない」

札幌市を訪れ、22日から行方不明になっている危秋潔さん(北海道警提供) 札幌市を訪れ、22日から行方不明になっている危秋潔さん(北海道警提供)

 旅行で北海道を訪れていた福建省出身の小学校教師の女性(26)が、宿泊先に荷物を残したまま約2週間にわたり連絡が取れない状態が続いている。中国ネットメディアは「福建省美人教師北海道失踪事件」などと熱心に報道を続けているが、依然として女性教師の足取りははっきりとしていない。中国のインターネット上では、女性教師の安否を心配する一方で、「日本は果たして安全な国なのか?」などと日本の治安を疑問視する記事も目立つ。

     

 「福建省の26歳女性教師失踪事件が、社会の関心を引き続き集めている」

 中国のニュースサイト「中国新聞網」は2日、中国国内における同事件への関心の高さを強調した。実際、中国のニュースサイト上では同事件に関する多くの記事が掲載されており、SNS上でも関心の的となっている。

■22日に部屋に荷物を残したまま外出

 中国ニュースサイトの報道などによると、事件の経緯はこうだ。

 7月18日、福建省出身の小学校教師、危秋潔さんは個人旅行で北海道を訪れた。危さんは札幌市内のゲストハウスに宿泊していたが、22日に部屋に荷物を残したまま外出。帰国予定の25日になっても戻らなかった。その後、中国の家族などが危さんの行方を捜索しているが、本人からの連絡は一切ないままだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング