産経ニュース

【北ミサイル】ハワイ州が発射時の対応指針策定、11月から避難訓練

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
ハワイ州が発射時の対応指針策定、11月から避難訓練

 【ロサンゼルス=中村将】米ハワイ州の緊急事態管理局は21日、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したことを想定した対応の指針を策定し、「避難訓練」を11月から実施すると発表した。

 指針によると、ミサイルの飛来を知らせる警報サイレンが鳴ったら、建物の中に避難する▽運転中の場合は車を停車させて、建物の中に避難するか、地面に寝そべる▽上空の閃光(せんこう)は見ない-などの対策を取るよう促している。

 米メディアによると、避難訓練は11月以降、毎月行われる。警報サイレンを鳴らし、学校では乱射事件が起きた場合と似たような訓練を実施するという。サイレンの音に観光客らが困惑しないよう、テレビやラジオ、インターネットなどを通じて訓練を周知する。

 同州では1980年代の東西冷戦時代にソ連(当時)の攻撃に備えた計画を策定。サイレンを鳴らし、訓練したことがあった。北朝鮮のミサイルに備えた対応は初めて。

 州当局者は、北朝鮮によるハワイへのミサイル攻撃が成功する可能性は現段階では極めて低いとみているが、「無視することもできない」としている。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の研究グループは、北朝鮮のICBMは技術が向上すれば、2年以内に単発の核弾頭を搭載して米西海岸を射程に入れる可能性があると指摘。AP通信によると、ハワイ州が策定した指針について、カリフォルニア州が問い合わせをしている。

関連トピックス

「ニュース」のランキング