産経ニュース

【紅い南シナ海(番外編)】中国海洋戦略専門家のトシ・ヨシハラ氏「軍事拠点化は国際秩序への挑戦」「前線国家との連携強化を」 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【紅い南シナ海(番外編)】
中国海洋戦略専門家のトシ・ヨシハラ氏「軍事拠点化は国際秩序への挑戦」「前線国家との連携強化を」 

トシ・ヨシハラ 米「戦略予算評価センター」上級研究員 トシ・ヨシハラ 米「戦略予算評価センター」上級研究員

 その上でヨシハラ氏は、西太平洋での一連の安全保障環境の変化に対応するには「通常戦力で中国に対して優位を維持する必要がある」と強調。「力による平和」を提唱するトランプ大統領による「米海軍を350隻体制にする」などの海軍力強化に向けた政策を支持する考えを示した。

 さらに、歴代の米政権は米中関係の円滑化を図るため南シナ海問題を他の懸案から「区分化」させる傾向にあったことが現在の事態を招いたとの考えを示し、「台湾やチベット、人権、貿易など、中国が挑まれるのを避けたがる問題を南シナ海問題とリンクさせて中国に圧力をかけるべきだ」と強調した。

     

 トシ・ヨシハラ氏 米タフツ大で博士号を取得。海軍大学教授として10年以上にわたり戦略論を教えた。専門はアジア太平洋の安全保障、中国の海洋戦略。2010年に発表した著書「太平洋の赤い星 中国の台頭と海洋覇権への野望」は米海軍トップの作戦部長による幹部向けの指定図書になった。日系米国人。

「ニュース」のランキング