産経ニュース

【劉暁波氏死去】遺灰を海葬 兄は「自分が希望」 当局立ち会いの会見で党への感謝繰り返す

ニュース 国際

記事詳細

更新

【劉暁波氏死去】
遺灰を海葬 兄は「自分が希望」 当局立ち会いの会見で党への感謝繰り返す

記者会見する劉暁波氏の実兄、劉暁光氏(中央)=15日、中国遼寧省瀋陽市(共同) 記者会見する劉暁波氏の実兄、劉暁光氏(中央)=15日、中国遼寧省瀋陽市(共同)

 【瀋陽=西見由章】中国遼寧省瀋陽市の病院で13日に死去したノーベル平和賞受賞者で中国民主活動家の劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏について、兄の暁光氏(68)が15日、市当局の立ち会いのもとで記者会見し、劉氏の火葬後に遺骨を海に沈める「海葬」を同日行ったことを明らかにした。

 暁光氏は、劉氏の治療から海葬までにいたる一連の当局側の対応について「(中国共産)党と政府に感謝する」と繰り返し発言。海葬についても親族を代表して自らが希望を申請したと述べた。

 関係者によると、中国側は遺体を速やかに火葬し、海葬を行うよう妻、劉霞(りゅう・か)さん(56)さんら親族に要求したが、劉霞さんは拒否したとの情報がある。中国当局は劉氏の墓が民主化運動の“聖地”になることを警戒して、親族に海葬を行うよう圧力をかけた可能性がある。

 市当局の発表によると、告別式は15日午前6時半(日本時間同7時半)から市南郊の葬儀場で行われ、劉霞さんや暁光氏らが出席。遺体はこの後、火葬された。親族らは船で海葬の場所まで向かい、正午ごろに遺骨の入った箱を海中に沈めた。

このニュースの写真

  • 遺灰を海葬 兄は「自分が希望」 当局立ち会いの会見で党への感謝繰り返す
  • 遺灰を海葬 兄は「自分が希望」 当局立ち会いの会見で党への感謝繰り返す
  • 遺灰を海葬 兄は「自分が希望」 当局立ち会いの会見で党への感謝繰り返す
  • 遺灰を海葬 兄は「自分が希望」 当局立ち会いの会見で党への感謝繰り返す
  • 遺灰を海葬 兄は「自分が希望」 当局立ち会いの会見で党への感謝繰り返す
  • 遺灰を海葬 兄は「自分が希望」 当局立ち会いの会見で党への感謝繰り返す

「ニュース」のランキング