産経ニュース

バナナ盗んだだけで「処刑」 ルワンダ、軽犯罪容疑で少なくとも37人 人権団体が非難

ニュース 国際

記事詳細

更新


バナナ盗んだだけで「処刑」 ルワンダ、軽犯罪容疑で少なくとも37人 人権団体が非難

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は15日までに、アフリカ中部ルワンダで、窃盗など軽微な容疑で少なくとも37人が裁判にかけられずに軍兵士や警察官に処刑されたとの報告書を発表した。

 HRWは「国民に恐怖心を植え付け、政府への抵抗を抑え込もうとしている」と非難した。

 HRWが目撃者や遺族ら119人に聞き取り調査を実施。昨年4月以降、バナナや牛、バイクを盗んだ容疑をかけられた37人が銃で撃たれるなどして殺され、4人が行方不明になっているという。

 ある村では地元の役人や軍兵士が、牛を盗んだ疑いで住民を村の会合に連行。その後バナナ農園に連れ出して射殺した。

 1994年に大虐殺が起きたルワンダでは、8月4日に大統領選が行われる。憲法を改正し3選を目指しているカガメ大統領は政治的安定と経済発展をもたらしたが、強権手法に国際社会から批判が出ている。(共同)

「ニュース」のランキング