産経ニュース

【ロシアゲート疑惑】露情報機関関係者も同席 トランプ・ジュニア氏の露側との接触で

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ロシアゲート疑惑】
露情報機関関係者も同席 トランプ・ジュニア氏の露側との接触で

ドナルド・トランプ・ジュニア氏(ロイター) ドナルド・トランプ・ジュニア氏(ロイター)

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏らが昨年6月、大統領選で候補指名が確実視されたクリントン元国務長官に不利になる情報入手を前提にロシア人弁護士と会談した問題で、NBCテレビは14日、露情報機関とのつながりが疑われ、米露の二重国籍を持つロシア系米国人のロビイストの男性が同席していたと伝えた。

 ロシアの大統領選干渉疑惑ではロシア政府とトランプ陣営の「共謀」の有無が焦点だが、ジュニア氏と会った女性弁護士は露政府との関係を否定している。

 同席した男性は元軍人。旧ソ連で防諜員として働いた経歴があり、米政府は現在も露情報機関と関係があるとみているという。

 AP通信は、男性はリナット・アフメトシン氏で会談に同席したことを認めたと伝えた。

 NBCによると、ジュニア氏の弁護士は会談に男性ら2人が同席していたことを認めたが、男性は会談の際に「私は米国民であり、露政府のために働いているわけではない」と話していたことを明らかにした。ジュニア氏も会談時には男性の経歴について何も知らなかったという。

関連トピックス

「ニュース」のランキング