産経ニュース

【紅いバブル 中国経済の行方(下)】日本人も突然退去で「難民」に…住民追い出し売り急ぐ 鬼城と化した「中国のロッテルダム」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【紅いバブル 中国経済の行方(下)】
日本人も突然退去で「難民」に…住民追い出し売り急ぐ 鬼城と化した「中国のロッテルダム」

鬼城が存在する中国の主な都市 鬼城が存在する中国の主な都市

 北京や上海で「マンション難民」と呼ばれる現象が起きている。外国人向けマンションに住む日本人などが突然退去を求められ、次の物件探しに奔走しているのだ。

 北京で働く日本企業駐在員の男性(44)は6月初旬、3年間暮らした日本人家族向けマンションから引っ越した。昨年末、1年後に退去するように全160世帯が一方的に通告されていたためだ。

 外国人向け物件はどこも数十件の空室待ち。同僚が退去した部屋を何とか借りることができたが、家賃は月4千元(約6万5千円)の負担増となった。

 3年間生活したマンションは、日本の住宅総合メーカーが出資し1990年に開業したものの、2年前に資本撤退。「日本と同じような環境で、すごく住みやすかったのに…」と男性は残念がる。

 マンション側は老朽化した設備を全面改修するとしているが、その後について住民に明確な説明はない。「分譲の形で売り出すのでは」(日本の商社幹部)との見方が広がる。

 北京では昨年末、外国人向け住宅に住む約220世帯が3カ月後の退去を求められたケースもあり、そのビルは11億元(約180億円)で売却されたという。ほかにも売却が噂されるマンションは少なくない。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング