産経ニュース

【韓国新政権】“現実”を認識? 文大統領、現実外交へシフト 対日関係は不透明

ニュース 国際

記事詳細

更新

【韓国新政権】
“現実”を認識? 文大統領、現実外交へシフト 対日関係は不透明

韓国・京畿道の「ナヌムの家」で記者団の質問に答える鄭鉉栢女性家族相(右)=10日(共同) 韓国・京畿道の「ナヌムの家」で記者団の質問に答える鄭鉉栢女性家族相(右)=10日(共同)

 鄭鉉栢女性家族相は、民間団体などが進める慰安婦関連資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産への登録を支援する考えや、国立の慰安婦博物館の設立方針を表明。国政企画諮問委員会は8月14日を「慰安婦被害者の記念日」に公式指定する案を発表した。与党「共に民主党」は鄭氏に慰安婦問題の公論化を求めている。

 内政では、文政権発足から2カ月が過ぎても、野党の反対で国防相ら主要閣僚が決まっていない状況だ。野党時代に保守政権の現実路線に反発を繰り返した末に政権の座に就いた文氏。逆に今度は、自身の現実路線転換への説得に追われることになりそうだ。

「ニュース」のランキング