産経ニュース

日米印の海上共同訓練「マラバール」スタート 中国を警戒 日本が初正式参加

ニュース 国際

記事詳細

更新


日米印の海上共同訓練「マラバール」スタート 中国を警戒 日本が初正式参加

10日、インド南部チェンナイで、日米印海上共同訓練マラバールに参加するため停泊する海自の護衛艦「さざなみ」(右)と米国のイージス艦(岩田智雄撮影) 10日、インド南部チェンナイで、日米印海上共同訓練マラバールに参加するため停泊する海自の護衛艦「さざなみ」(右)と米国のイージス艦(岩田智雄撮影)

 訓練には、日本から海自最大の護衛艦「いずも」など2隻と、インド側で行われたマラバールでは最多となる約700人の人員を派遣した。インドは最新のロシア製空母を初参加させ、米国は原子力空母ニミッツを送った。3カ国の合計規模は、艦船16隻、潜水艦2隻、航空機95機前後。

 中印間では最近、国境付近で両国部隊の越境問題をめぐり緊張が高まっており、インド軍は中国海軍の活発な動きに神経をとがらせている。

このニュースの写真

  • 日米印の海上共同訓練「マラバール」スタート 中国を警戒 日本が初正式参加
  • 日米印の海上共同訓練「マラバール」スタート 中国を警戒 日本が初正式参加

「ニュース」のランキング