産経ニュース

【歴史戦】米ジョージア州・ブルックヘブンで慰安婦像除幕 米国公有地への設置は2015年末の日韓合意後初

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
米ジョージア州・ブルックヘブンで慰安婦像除幕 米国公有地への設置は2015年末の日韓合意後初

30日、米南部ジョージア州のブルックへブン市の公園に設置された慰安婦像(上塚真由撮影) 30日、米南部ジョージア州のブルックへブン市の公園に設置された慰安婦像(上塚真由撮影)

 【ブルックヘブン=上塚真由】米南部ジョージア州のブルックヘブン市は30日午前、韓国系団体から寄贈を受けた慰安婦像の除幕式を同市内の公園で行った。在アトランタ日本総領事館や現地の日本人らが設置に反対してきたが、覆せなかった。米国の公有地への像設置は、2013年の西部カリフォルニア州グレンデール市に次いで2例目。15年末の日韓合意後は初となる。

 これに先立ち、ブルックヘブンの市議会は29日夜、像設置に反対する日本人住民らの意見を初めて公の場で聞いた。韓国系団体が主張するような人身売買の防止の啓発や、女性の人権といった受け止め方をする意見はほぼなく、大半が「反日」や地域社会の分断を懸念したが、市議らからの反応はなかった。

 発言機会を得た先着15人のうち、11人が像設置問題を取り上げ、日本人住民8人と米国人2人の計10人が設置反対を訴え、賛成意見は米国人1人だった。韓国系団体は設置の決定が覆らないことを事前に察知していたとみられ、除幕式に出席するため、韓国から訪米した元慰安婦(89)らと「前夜祭」を開催した。

 小学生の子供2人を持つ40代の日本人女性は、最初に設置されたグレンデール市の像が現地の日本人の子供たちに悪影響を与えると懸念し、「同じようなことが起きることは想像に難くない。母親として像は受け入れられない。子供を守りたい一心だ」と訴えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米ジョージア州・ブルックヘブンで慰安婦像除幕 米国公有地への設置は2015年末の日韓合意後初
  • 米ジョージア州・ブルックヘブンで慰安婦像除幕 米国公有地への設置は2015年末の日韓合意後初
  • 米ジョージア州・ブルックヘブンで慰安婦像除幕 米国公有地への設置は2015年末の日韓合意後初
  • 米ジョージア州・ブルックヘブンで慰安婦像除幕 米国公有地への設置は2015年末の日韓合意後初

関連ニュース

「ニュース」のランキング