産経ニュース

【トランプ政権】北朝鮮労働者の受け入れで中露を批判 「20時間以上の強制労働」 ティラーソン米国務長官が記者会見

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
北朝鮮労働者の受け入れで中露を批判 「20時間以上の強制労働」 ティラーソン米国務長官が記者会見

人身売買に関する報告書発表に合わせた式典に参加するティラーソン米国務長官=27日、ワシントン(ロイター) 人身売買に関する報告書発表に合わせた式典に参加するティラーソン米国務長官=27日、ワシントン(ロイター)

 【ワシントン=加納宏幸】ティラーソン米国務長官は27日、2017年の「人身売買報告書」の発表にあわせて国務省で開いた式典で、北朝鮮が海外に送っている北朝鮮労働者を「強制労働」と位置付け、受け入れ国の中国とロシアを名指しで批判した。

 核・ミサイル開発を進める北朝鮮は外貨獲得のため労働者を中露を中心とする海外で働かせている。ティラーソン氏は総数が約5万~8万人に上り、北朝鮮はそこから年間数億ドル(数百億円)の収入を得ているとの推計を示し、「多くは1日20時間も働かされている」と指摘した。

 その上で、米国として受け入れ国に北朝鮮労働者を送還するよう求め続けると強調した。同報告書は中国を北朝鮮、シリア、イランなどと並ぶ最低水準の「第3階層」に位置付けており、ティラーソン氏はその理由を「北朝鮮労働者を含む人身売買への加担を終わらせるために真剣な取り組みを行っていないからだ」と説明した。

「ニュース」のランキング