産経ニュース

【北朝鮮情勢】北朝鮮、NYで「外交行嚢強奪」を主張 開封されない特権、米側は否定「対象者は国連代表団として認証されていない」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
北朝鮮、NYで「外交行嚢強奪」を主張 開封されない特権、米側は否定「対象者は国連代表団として認証されていない」

 【ワシントン=加納宏幸】米ニューヨークのケネディ国際空港で北朝鮮代表団が、外交特権で他国が開封できない「外交行嚢(こうのう)」を警察官らに強奪されたと主張する問題があり、米政府は19日、対象となった北朝鮮国民は外交特権がなく、検査は正当だと強調した。

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省の報道官は18日、国連本部で開かれた障害者権利条約の締約国会議に出席した代表団が16日に出国する際、搭乗口前で外交行嚢を奪われたと主張した。

 これに対し、出入国管理を統括する国土安全保障省は「(対象者は)国連代表団として認証されていない」とし、荷物は外交行嚢ではないとの見解を明らかにした。北朝鮮国民は荷物を取り戻そうとして抵抗したという。

 ソーントン米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)も19日、電話の記者会見で「今回、検査を受けた個人は出入国検査の免除対象ではなかった」と指摘した。また、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮がこれまで、大量破壊兵器の拡散に外交団を使ってきたとの認識を示した。

 外交行嚢は本国と在外公館の間で外交上の書類や物品を送るために使われ、ウィーン条約で外交特権として保護される。マレーシアで金正男氏の殺害で使われたとされる神経剤VXが外交行嚢で運ばれたとの報道もあった。

「ニュース」のランキング