産経ニュース

【国際情勢分析】「パナマショック」の中台関係 習近平政権が勝負に 断交の台湾 世論反発で逆効果も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【国際情勢分析】
「パナマショック」の中台関係 習近平政権が勝負に 断交の台湾 世論反発で逆効果も

 舌戦も激しい。北京の民主化運動が武力弾圧された天安門事件から28年の6月4日、蔡氏はフェイスブックに「両岸(中台)間の最大の隔たりは民主と自由だ」と書き込んだ。「台湾は民主化の経験を対岸(中国)と分かち合いたい。中国大陸は台湾の経験を生かすことで、民主改革の生みの苦しみを緩和できる」と中国側に呼びかけたのだ。

 未来志向で中台関係を論じたともいえる。だが中国当局は挑発と感じたのか、台湾事務弁公室の馬報道官はロイター通信に送った声明で「大陸のことについては大陸の中国人だけが語ることができる」と反発。「蔡氏の政党が推進した『価値観や考え方』が台湾に混乱を引き起こした」と民進党を批判し、「われわれは歴史上、中華民族の偉大な復興の目標に最も近づいている」と統一を迫った。

 北朝鮮の核・ミサイル開発への対応をめぐって中国との協調姿勢を見せる米国も、台湾問題で譲歩する兆しはない。マティス米国防長官は6月3日、シンガポールで開催されたアジア安全保障会議での演説で中台問題に触れ「台湾が必要とする防衛装備品を供与するため、台湾と引き続き協力していく」と発言。中国代表団を率いる何雷中国軍事科学院副院長は緊急記者会見を開き、「中国政府と中国人民は台湾への武器売却に断固として反対する」と反論し、同科学院の別の幹部も「台湾は中国の一部であり、この場で台湾問題を持ち出すのは不適切だ」と不快感を示した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「パナマショック」の中台関係 習近平政権が勝負に 断交の台湾 世論反発で逆効果も
  • 「パナマショック」の中台関係 習近平政権が勝負に 断交の台湾 世論反発で逆効果も
  • 「パナマショック」の中台関係 習近平政権が勝負に 断交の台湾 世論反発で逆効果も

「ニュース」のランキング