産経ニュース

【シリア情勢】「ポスト・イスラム国」見えぬ展望 米とイランが攻撃、内戦に直接関与

ニュース 国際

記事詳細

更新

【シリア情勢】
「ポスト・イスラム国」見えぬ展望 米とイランが攻撃、内戦に直接関与

 米国とイランがシリア国内への直接的な軍事攻撃に踏み切ったことで、内戦をめぐる情勢はさらに複雑になる見通しが強まった。両国はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の打倒では一致しているが、アサド政権の扱いをめぐって鋭く対立している。「ポストIS」の統治形態をめぐる駆け引きにも大きな影響が出そうだ。

 シリアのアサド大統領はイスラム教シーア派に分類される国内少数派アラウィー派の出身で、シーア派大国のイランはアサド政権存続を目指して支援してきた。同じく政権を擁護するロシアも16日、IS指導者のバグダーディ容疑者を空爆により殺害した可能性があると述べたばかりで、内戦での主導権確保に向けたアピールをしている。

 内戦では今月6日、米軍の支援を受けるシリア民主軍(SDF)が、ISが「首都」だと宣言した北部ラッカへの進攻開始を宣言。米軍機がアサド政権軍の戦闘機を撃墜したタブカは、ラッカの西約50キロに位置しており、作戦が山場にさしかかっていることを示している。

続きを読む

「ニュース」のランキング