産経ニュース

【韓国新政権】初の女性外相、康京和氏 外交手腕は未知数 元慰安婦に寄り添う姿を強調

ニュース 国際

記事詳細

更新

【韓国新政権】
初の女性外相、康京和氏 外交手腕は未知数 元慰安婦に寄り添う姿を強調

韓国外相に就任し、外務省庁舎に入る康京和氏=18日、ソウル(聯合=共同) 韓国外相に就任し、外務省庁舎に入る康京和氏=18日、ソウル(聯合=共同)

 女性の人権の専門家として国際舞台で豊富な経験を持つ。韓国初の女性外相となり、女性の昇進を阻む「ガラスの天井」を破ったと歓迎される半面、日本や米国、中国、北朝鮮と向き合っての難しい外交交渉の経験は乏しいとされる。

 能力を疑う野党の賛同を得られないまま文在寅大統領が任命に踏み切った“切り札”だが、手腕は未知数な部分も大きい。

 1955年、ソウル生まれ。延世大政治外交学科を卒業後、KBSテレビに入り、アナウンサー兼プロデューサーとして勤務。米国留学を経て、90年から国会議長の国際担当秘書官を務めた。

 90年代、当時の金大中大統領とクリントン米大統領の会談で通訳を担当した経験も。夢だった国連での活動は2000年代に実現。国連を志した動機として、過去に国際会議で慰安婦問題を世界に知らしめた経験を語ったことがあり、最近も元慰安婦の女性らに寄り添う姿を強調する。(共同)

「ニュース」のランキング