産経ニュース

【仏総選挙】第2回投票 マクロン新党が過半数確保へ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【仏総選挙】
第2回投票 マクロン新党が過半数確保へ

18日、フランス北部の投票所で投票するマクロン大統領(左)(ロイター) 18日、フランス北部の投票所で投票するマクロン大統領(左)(ロイター)

 【ベルリン=宮下日出男】フランス国民議会(下院、定数577)選挙の第2回投票は18日、投票が締め切られ、開票作業が行われた。国営テレビは出口調査などに基づいた予測として、マクロン大統領の新党「共和国前進」陣営が355議席を獲得する見通しだと報じた。

 前進陣営の予想獲得議席は定数の約6割を占め、過半数の議席獲得は確実。別の調査では400議席を超えるとの予想もある。マクロン氏は5月の大統領選出後の課題だった政権基盤の確立に成功したことになり、欧州連合(EU)強化や国内改革といった公約の実行に大きな弾みとなる。

 国営テレビによると、前進陣営以外の予想獲得議席は、保守系の共和党陣営125議席▽左派の社会党陣営49議席▽共産党を含む急進左派30議席▽極右の国民戦線(FN)8議席。

 一方、投票率は投票終了前の18日午後5時時点で35・8%。11日の第1回投票の同時刻時点の40・8%より低く、2002年以降の前3回の下院選第2回投票と比べても約10ポイント減少している。

「ニュース」のランキング