産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】北朝鮮崩壊後は「中華人民共和国・高句麗省」誕生か 北はレアアースなど地下資源ごと呑み込まれる?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
北朝鮮崩壊後は「中華人民共和国・高句麗省」誕生か 北はレアアースなど地下資源ごと呑み込まれる?

中国遼寧省丹東の中朝国境付近で警戒する特殊警察部隊の装甲車 中国遼寧省丹東の中朝国境付近で警戒する特殊警察部隊の装甲車

 北朝鮮に関する研究会に複数顔を出しているが、「北朝鮮崩壊後の後継政権」が頻繁にテーマにのぼる。幾つかのシナリオがあるが、今次小欄は世界屈指の埋蔵力を誇る北の《地下資源》を舞台回しにした「後継政権」を考察してみる。もっとも、このシナリオだと「後継政権」は事実上樹立されず、北朝鮮は中国に併呑され、代わって誕生するのが仮称ながらこちら。(※6月5日にアップされた記事を再掲載しています)

 《中華人民共和国・高句麗省》

 満州国だった中国東北地方に所在する吉林省/黒竜江省/遼寧省の現《東北三省》が「東北四省」になる想定だ。2000年前の朝鮮半島北部は漢王朝の支配下であったが、漢王朝崩壊で、朝鮮半島北部~中国東北地方にかけ高句麗王朝が興った。中国は、高句麗が中華民族が建てており中華圏だと主張する。史実かどうか、判断を下す学識を持たないが、ケタはずれの地下資源が眠る北朝鮮を、中国は「高句麗省」と決め付け、スキあらばソックリ頂戴したい野心を隠していることは間違いあるまい。

 国家の存亡を単一の原因に特定する手法は禁じ手ではあるが、北朝鮮領内の地下資源が支える「自前の核・ミサイル開発」を認識し、「国連安保理事会の制裁決議を受けてなお、なぜ北朝鮮が核・ミサイル開発を、むしろ加速させられるのか?」を分析する上では有効な手段であろう。さらに「中国による北・地下資源の乱獲」+「北朝鮮側の警戒と最側近粛清」など、中朝国境のキナ臭い情勢が一定程度あぶり出せる。一見逆説的ではあるが、中国側の「国連決議に従い、懸命に北朝鮮に制裁を科している」という抜群の「演技力」にも、中国が描く「東アジア秩序の中華化」戦略が透ける。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北朝鮮崩壊後は「中華人民共和国・高句麗省」誕生か 北はレアアースなど地下資源ごと呑み込まれる?
  • 北朝鮮崩壊後は「中華人民共和国・高句麗省」誕生か 北はレアアースなど地下資源ごと呑み込まれる?
  • 北朝鮮崩壊後は「中華人民共和国・高句麗省」誕生か 北はレアアースなど地下資源ごと呑み込まれる?
  • 北朝鮮崩壊後は「中華人民共和国・高句麗省」誕生か 北はレアアースなど地下資源ごと呑み込まれる?

「ニュース」のランキング