産経ニュース

【中国軍事情勢】数波で上陸する中国軍を阻止 台湾の多連装ロケット砲は「激しい雷」 その実力と限界

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国軍事情勢】
数波で上陸する中国軍を阻止 台湾の多連装ロケット砲は「激しい雷」 その実力と限界

台湾・澎湖諸島で行われた演習で、ロケット弾を発射する雷霆2000=5月25日(田中靖人撮影) 台湾・澎湖諸島で行われた演習で、ロケット弾を発射する雷霆2000=5月25日(田中靖人撮影)

 台湾の国防部(国防省に相当)の年次演習「漢光33号」で5月末、陸海空軍の統合実弾演習が台湾海峡に浮かぶ離島、澎湖諸島で行われた。中国軍の上陸部隊を阻止する演習では、台湾が自主開発した多連装ロケット砲「雷霆2000」が人目を引いた。遠・中・近距離の3種類の射程の弾薬を活用して上陸部隊を阻止するロケット砲の実力と限界を探った。(台北 田中靖人)

上陸部隊を「面」制圧

 雷霆(らいてい)は「激しい雷」を意味する。台湾の陸軍砲兵訓練指揮部が発行している学術誌「砲兵季刊」の2013年9月号の論文などによると、雷霆2000の開発は、米軍の履帯式の自走多連装ロケットシステム(MLRS)のM270を参考に、1991年から国防部傘下の研究開発機関「中山科学研究院」で始まった。MLRSが冷戦期の欧州方面で、ワルシャワ条約機構軍の機甲部隊を阻止するために開発されたのに対し、雷霆は当初から上陸用舟艇を攻撃することを目的としていた。

 火力不足を補うため、2006年には原型タイプの配備が行われ、翌年には牽引(けんいん)式タイプが離島に配備された。現在の8輪車両に搭載するタイプは12年から運用が始まった。諸元は、重量30トンで、最高時速100キロで最大800キロを移動する。ロケット弾はキャニスターに入っており、再装填(そうてん)には12分間かかる。射撃は指揮車からの指示による自動制御で、発射直後に退避行動が取れるようになっている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 数波で上陸する中国軍を阻止 台湾の多連装ロケット砲は「激しい雷」 その実力と限界
  • 数波で上陸する中国軍を阻止 台湾の多連装ロケット砲は「激しい雷」 その実力と限界
  • 数波で上陸する中国軍を阻止 台湾の多連装ロケット砲は「激しい雷」 その実力と限界
  • 数波で上陸する中国軍を阻止 台湾の多連装ロケット砲は「激しい雷」 その実力と限界

「ニュース」のランキング