産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


リビアの過激派が解散声明 指導部一掃で戦闘員激減

対立する組織同士の戦闘で激しく立ち上る煙=27日、トリポリ(ロイター) 対立する組織同士の戦闘で激しく立ち上る煙=27日、トリポリ(ロイター)

 【カイロ=佐藤貴生】リビアの国際テロ組織アルカーイダ系勢力「アンサール・シャリーア」が27日、解散すると宣言する声明を出した。ロイター通信などが報じた。声明によると、指導部が一掃され、戦闘員が激減するほどの損害が生じたことが理由という。

 アンサール・シャリーアについて米政府は、東部ベンガジで2012年、クリストファー・スティーブンス米大使ら4人が死亡した米領事館襲撃事件に関与したとしている。

 リビアでは11年の内戦でカダフィ旧政権が崩壊後、各地で軍閥が跋扈。政府は事実上の分裂状態にあり、権力の空白に乗じる形で「イスラム国」(IS)やアルカーイダ系などの過激派組織が台頭した。

このニュースの写真

  • リビアの過激派が解散声明 指導部一掃で戦闘員激減

「ニュース」のランキング