産経ニュース

【トランプ政権】野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避

リヤドの空港に到着したトランプ米大統領とメラニア夫人=20日(AP) リヤドの空港に到着したトランプ米大統領とメラニア夫人=20日(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は今回の初外遊で、3大宗教の中心地を一気に訪問するなどの野心的な取り組みを通じて「トランプ外交」を印象づけ、政権の浮揚を図りたい考えだ。しかし、トランプ氏による訪問先での振る舞いを危ぶむ声は多く、満を持しての外遊が逆に政権への打撃につながりかねない事態となっている。

 米主要メディアは今回の初外遊について、ウォーターゲート事件の最中の1974年に中東を訪問したニクソン大統領や、実習生との不倫を追及されていた98年にロシアや英国を歴訪したクリントン大統領(いずれも当時)になぞらえ、「大統領の逃避行」といったトーンで報じている。

 一方、ニューヨーク・タイムズ紙などによれば、出無精で知られるトランプ氏も外遊に乗り気でなかったとされ、当初は9日間の日程を5日に短縮できないか側近に打診。補佐官らは、過密日程で集中力の途切れたトランプ氏が失言を連発し、外交問題に発展するのを強く警戒している。

 第1の関門は、最初の訪問地サウジアラビアで開かれる、イスラム圏54カ国の代表を集めた国際会合だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避

「ニュース」のランキング