産経ニュース

【トランプ政権】野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避

リヤドの空港に到着したトランプ米大統領とメラニア夫人=20日(AP) リヤドの空港に到着したトランプ米大統領とメラニア夫人=20日(AP)

 ホワイトハウス高官によると、トランプ氏は演説で「過激主義との戦いは西洋対イスラム教の戦いではない」と訴え、イスラム世界との連帯を呼びかける。しかし同氏は大統領選で「全てのイスラム教徒の入国禁止」などと唱えた過去があり、イスラム諸国が発言を額面通りに受け入れるかは定かでない。

 次の訪問地イスラエルでは、同国から提供されたとされるテロ関連の機密情報を事前の同意なしにロシアのラブロフ外相に話した問題が尾を引くのは確実だ。

 トランプ氏がエルサレムで訪問を予定する、ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺の犠牲者たちを追悼する国立記念館「ヤド・バシェム」での滞在時間をわずか15分とするよう主張したことも、イスラエル国内で冷ややかな反応を浴びた。

 さらに、トランプ氏は現職米大統領として初めてエルサレム旧市街の「嘆きの壁」を訪問するが、こうした行為は、壁はイスラエルの一部であるとする同国の主張を追認する形となり、アラブ世界の反発を招く恐れが高い。

 トランプ政権はこうした事情を念頭に、トランプ氏の嘆きの壁訪問にネタニヤフ首相が同行しないよう求めてイスラエル側が猛反発するなど、既に波乱含みの展開となっている。

このニュースの写真

  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避
  • 野心的な「3大宗教中心地ツアー」は逃避行? “悪癖”出ればダメージ不可避

「ニュース」のランキング