産経ニュース

インパール作戦から73年「感無量です」 インド北東部で追悼式典、日本側から40人参加

ニュース 国際

記事詳細

更新


インパール作戦から73年「感無量です」 インド北東部で追悼式典、日本側から40人参加

インパール作戦から73年の追悼式典で、慰霊碑に献花する平松賢司駐インド大使=20日、インド・インパール(共同) インパール作戦から73年の追悼式典で、慰霊碑に献花する平松賢司駐インド大使=20日、インド・インパール(共同)

 第二次大戦中、旧日本軍がインド北東部の攻略を目指して惨敗した「インパール作戦」から73年となり、日英両軍が戦闘を交えたインド北東部マニプール州インパールで20日、犠牲者の追悼式典が行われた。

 式典は70年を迎えた2014年から毎年実施。今回は戦地の1つとなった隣接するナガランド州当局者も初めて参加、日本側からは平松賢司大使やインド進出の企業関係者ら約40人が訪れた。

 英国から現地を訪れたマクドナルド昭子さん(66)は、父が旧日本軍の陸軍中尉としてインパール作戦に参加した。「この地で多くの人たちが命を落としたことを考えると、感無量です」と、涙を浮かべた。

 マクドナルドさんは、日英の和解と理解を目指す在英の民間団体、ビルマ作戦協会の代表を務めており「戦争の現場を歩くことは戦争を考える上で重要。今後も訪れたい」と話した。(共同)

「ニュース」のランキング