産経ニュース

【TVの潮流】韓流ドラマ BSでなお健在も「反日」文在寅政権誕生でファン離れ進む?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【TVの潮流】
韓流ドラマ BSでなお健在も「反日」文在寅政権誕生でファン離れ進む?

NHKBSプレミアムで放送中の韓国ドラマ「オクニョ 運命の女」のワンシーン。チン・セヨンさんが演じるオクニョ((c) 2016MBC) NHKBSプレミアムで放送中の韓国ドラマ「オクニョ 運命の女」のワンシーン。チン・セヨンさんが演じるオクニョ((c) 2016MBC)

外交問題を引き金にブーム沈静化

 韓流ドラマのブームは2002年、日韓共催のサッカーW杯をきっかけに互いの文化に対する関心の高まりを背景にわき起こった。

 NHKが04年に地上波で放送したドラマ「冬のソナタ」は、最終回の平均視聴率が関東地区で20・6%、関西地区で23・8%を記録。主演の俳優、ペ・ヨンジュンさんが「ヨン様」の愛称で親しまれるなど社会現象になった。在京キー局もこぞって韓流ドラマ枠を設けた。

 しかし、12年8月の李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)の竹島上陸などで反韓感情が高まり、ブームも収束していく。内閣府が実施する「外交に関する世論調査」では、12年10月時点の調査以降、「韓国に親しみを感じない」との回答が「親しみを感じる」を上回っている。現在、地上波キー局で韓流ドラマ枠を残すのはテレビ東京だけだ。

放送権めぐり熾烈な争奪戦

 しかし、いまだにBSでは、韓流ドラマは視聴率を獲得できる主力のコンテンツとして数多くの番組が放送されている。無料BS放送局の「BS12 トゥエルビ」では平日と週末の計5枠で韓流ドラマを放送。「BSイレブン」でも計9枠を編成。キー局系でも、BSフジが平日の朝夕に2枠を設けるなど活況だ。

 「古き良きドラマの構成で、展開をある程度予想できる作品が多いため、安心して見ることができる」。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓流ドラマ BSでなお健在も「反日」文在寅政権誕生でファン離れ進む?
  • 韓流ドラマ BSでなお健在も「反日」文在寅政権誕生でファン離れ進む?

「ニュース」のランキング