産経ニュース

菅義偉官房長官「ドローン飛行は中国の新たな形態の行動」 稲田朋美防衛相「深刻な主権侵害」

ニュース 国際

記事詳細

更新


菅義偉官房長官「ドローン飛行は中国の新たな形態の行動」 稲田朋美防衛相「深刻な主権侵害」

中国海警局の船の上空を飛行する小型無人機ドローンのような物体(上)=18日、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海(第11管区海上保安本部提供、共同) 中国海警局の船の上空を飛行する小型無人機ドローンのような物体(上)=18日、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海(第11管区海上保安本部提供、共同)

 菅義偉官房長官は19日午前の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領空を中国公船より発進したとみられる小型無人機「ドローン」が飛行した違法行為について、「中国による新たな形態の行動であり、全く受け入れられない」として、中国側に厳重に抗議した経緯を明らかにした。

 稲田朋美防衛相も同日午前の記者会見で「領海侵入している中国公船が領空にドローンを飛行させたことは事態をさらにエスカレートさせるもので、全く受け入れられない。深刻なわが国の主権に対する侵害だ」と述べ、中国を批判した。

 稲田氏は、海上保安庁からドローンが飛行しているとの通報を受け、F15戦闘機2機、E2C早期警戒機、空中警戒管制機(AWACS)を向かわせて無線で警告を発するなど、一連の対応を明らかにした。防衛省によると、F15などは別件で緊急発進中だった。

「ニュース」のランキング