産経ニュース

ロシアが北の貨客船「万景峰」受け入れ 港周辺は特務機関が封鎖 中国人観光客がターゲット?

ニュース 国際

記事詳細

更新


ロシアが北の貨客船「万景峰」受け入れ 港周辺は特務機関が封鎖 中国人観光客がターゲット?

5月18日、ロシア極東ウラジオストク港に到着した北朝鮮の貨客船「万景峰」(共同) 5月18日、ロシア極東ウラジオストク港に到着した北朝鮮の貨客船「万景峰」(共同)

 ロシアはこれまで、羅津港を中心とした北朝鮮のインフラ整備プロジェクトを推進することで同国への影響力を強めてきた。今回ウラジオストクと新航路で結ばれた港が羅津港だったことも、ロシアの「戦略的な動き」(同筋)が背景にあるためと指摘されている。

 運航会社は露メディアに、貨物は入念に検査されるため、国連安全保障理事会の制裁決議による規制対象品が輸送されることはあり得ないと強調した。インタファクス通信によると、露外務省のザハロワ報道官は18日、今回の動きが国連安保理の制裁に抵触するのではないかとの記者団の質問に「まったく(制裁の)対象とはならない」と強く打ち消した。

 北朝鮮の対露貿易額は対中貿易と比べ極めて限定的だが、それでも新たな通商路をロシアが開設した背景には、北朝鮮への国際圧力の“ガス抜き”の意義が強いとみられる。経済分野ではロシアはほかにも、極東を中心に数万人規模の北朝鮮労働者を受け入れているが、その一時停止を求める米国に、ロシアは「核開発とは関係ない」と主張し拒否している。

「ニュース」のランキング