産経ニュース

【トランプ政権】通商交渉が本格始動 8月にもNAFTA再交渉開始 議会に通知 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
通商交渉が本格始動 8月にもNAFTA再交渉開始 議会に通知 

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表=15日(AP) ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表=15日(AP)

 【ワシントン=小雲規生】貿易赤字削減を目指すトランプ米政権の通商交渉が本格的に動き始めた。米通商代表部(USTR)が18日、議会に対して北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を通知したことで、早ければ8月中旬にもメキシコ、カナダとの協議が始まる見通しとなったためだ。ただし再交渉には米国内でも慎重な声があり、今後の先行きは見通せない。

 ライトハイザーUSTR代表は声明で「米国の労働者、農家、畜産家、企業の利益を促進する合意を達成する」と強調した。トランプ大統領も今月、英誌エコノミストのインタビューでNAFTA再交渉の規模は「大幅なものになる」と発言。交渉次第では脱退も辞さないと強調している。

 またライトハイザー氏は議会あての通知で、1994年発効のNAFTAが時代の変化に対応しきれていないと指摘。再交渉では知的財産保護や規制、国有企業、労働、環境などにまつわる問題に取り組むとしている。一方、関税や原産地規則への言及はなかった。

続きを読む

「ニュース」のランキング