産経ニュース

【国を守る覚悟】日本は「即応反撃力」を整備しなければ、北朝鮮のミサイル発射は止まらない

ニュース 国際

記事詳細

更新

【国を守る覚悟】
日本は「即応反撃力」を整備しなければ、北朝鮮のミサイル発射は止まらない

政府は巡航ミサイル導入に向けた本格的検討に入った(ロイター) 政府は巡航ミサイル導入に向けた本格的検討に入った(ロイター)

 米国が4月7日、化学兵器使用が疑われるシリアの空軍基地を59発の巡航ミサイルで攻撃した。しかも米中の首脳会談の最中に、である。(夕刊フジ)

 シリアではロシア、イランがアサド政権、米国が反体制派を支援していた。当初、ドナルド・トランプ米政権もIS(イスラム国)掃討を優先し、アサド政権存続を容認する立場だった。だが、「レッドライン(超えてはならない一線)」を越えた場合、米国単独での武力攻撃も辞さない姿勢を内外に示した。

 この米国の強い意思が北朝鮮、中国、ロシアに与えた衝撃は大きい。米国は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に「6回目の核実験」「ICBM(大陸間弾道ミサイル)発射」を強行しないよう求めている。

 北朝鮮が「レッドライン」を越えた場合、米国はぎりぎりまで外交努力はするだろうが、躊躇(ちゅうちょ)なく、攻撃に踏み切るだろう。日米は北朝鮮政策に関し、戦略目標(レッドライン)の共有を緊密に図っておく必要がある。

 2月10日に安倍晋三首相-トランプ米大統領との間で行われた初の日米首脳会談では、日米共同声明が発せられ、「米国の核および通常戦力の双方を日本の防衛にコミットする」「北朝鮮による核・弾道ミサイル開発、挑発行動へは強く反対する」などが盛り込まれた。

続きを読む

「ニュース」のランキング