産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】側近はバリバリ左翼の「北朝鮮信奉者」…韓国大統領・文在寅氏の安全保障観を探ってみた

ニュース 国際

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
側近はバリバリ左翼の「北朝鮮信奉者」…韓国大統領・文在寅氏の安全保障観を探ってみた

 南北に分断、軍事的に対峙(たいじ)する韓国の指導者に求められる安全保障観とは何か。国防、北朝鮮による思想的、人的、物理的な対南工作を摘発、そして自由主義圏の同盟関係強化である。だが、文氏の持論、思想には、韓国が守ってきた国土、思想の根幹を揺るがしかねない危うさが随所に見受けられる。

 盧武鉉政権のナンバー2だった文氏は、北朝鮮への大規模支援を決めた2007年の南北首脳会談をサポートした(10・4合意)。このとき最も懸念されたのが、南北の海上軍事境界線、北方限界線(NLL)を事実上、無力化する共同漁労区域構想「西海平和協力地帯」だった。実は文氏は、選挙戦でこの構想を元にしていると思われる北朝鮮・海州と韓国・仁川との「西海平和協力ベルト」構想を打ち出している。

大統領になれば変わるのか?

 韓国では「実際に政権を担えば、文在寅大統領は現実主義者に替わる」という楽観論も聞かれるが、文氏の政治的思想信条はすでに盧武鉉時代に一度、具現化されたものだ。文在寅時代は5年間の幕開けしたばかり。韓国の歴代大統領にとって「歴史に残る」ための最大テーマは「統一」である。文大統領は金正恩氏との南北首脳会談をいつ、どんな形で実現するのか。そのときに文在寅氏の真価が問われることになる。(産経新聞編集局編集委員)

このニュースの写真

  • 側近はバリバリ左翼の「北朝鮮信奉者」…韓国大統領・文在寅氏の安全保障観を探ってみた
  • 側近はバリバリ左翼の「北朝鮮信奉者」…韓国大統領・文在寅氏の安全保障観を探ってみた
  • 側近はバリバリ左翼の「北朝鮮信奉者」…韓国大統領・文在寅氏の安全保障観を探ってみた
  • 側近はバリバリ左翼の「北朝鮮信奉者」…韓国大統領・文在寅氏の安全保障観を探ってみた

関連トピックス

「ニュース」のランキング