産経ニュース

中国「一帯一路」投資、東南アジアでは明暗 インドネシアで高速鉄道めど立たず フィリピンは追加支援狙う

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国「一帯一路」投資、東南アジアでは明暗 インドネシアで高速鉄道めど立たず フィリピンは追加支援狙う

インドネシア西ジャワ州ワナカルタ村で、中国が受注した高速鉄道の「建設予定地」を指さす地主のイダムさん(吉村英輝撮影) インドネシア西ジャワ州ワナカルタ村で、中国が受注した高速鉄道の「建設予定地」を指さす地主のイダムさん(吉村英輝撮影)

 中国が現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を掲げ、積極的にインフラ投資を進めている地域が東南アジアだ。確かにフィリピン、カンボジア、ラオスなどで民生向上につながっている投資は多い。ただ、実際に足を運んでみると、順調に投資が進んでいないケースも目につく。インドネシアの高速鉄道計画は、着工から1年以上たっても建設のめどが立たない状況が続いていた。(ジャカルタ 吉村英輝)

 インドネシアの首都ジャカルタから約60キロ離れた、西ジャワ州カラワン県ワナカルタ村の水田地帯。

 地主のイダムさん(46)は高速道路に面した場所を指さし、「あの辺りに高速鉄道駅ができる。乗客目当ての店も増え、地価は上がる」と目を輝かせた。

 すでに土地買収の打診が数回あり、1平方メートルあたり150万ルピア(約1万3000円)を提示されたが、「相場の半分以下だ。500万ルピアはほしい」という。

 しかし、高速鉄道の建設予定地では土地収用計画が白紙の状態で、本格的な工事は全く進んでいない。

 建設を手がける合弁のインドネシア中国高速鉄道社(KCIC)は、社員を1年前の30人から140人に増やし、土地収用を一気に進展させる意向だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国「一帯一路」投資、東南アジアでは明暗 インドネシアで高速鉄道めど立たず フィリピンは追加支援狙う

「ニュース」のランキング