産経ニュース

【韓国新政権】「韓国の信頼低下を覚悟せねば」「合意の覆しできない現実」 日韓首脳電話会談で韓国紙

ニュース 国際

記事詳細

更新

【韓国新政権】
「韓国の信頼低下を覚悟せねば」「合意の覆しできない現実」 日韓首脳電話会談で韓国紙

11日、安倍首相と電話会談する韓国の文在寅大統領(大統領府提供・聯合=共同) 11日、安倍首相と電話会談する韓国の文在寅大統領(大統領府提供・聯合=共同)

 【ソウル=名村隆寛】安倍晋三首相と韓国の文在寅大統領が11日に行った電話会談では、慰安婦問題をめぐる日韓合意の再交渉や慰安婦像への直接の言及はなかったが、12日付の韓国紙は「両首脳の韓日関係の出発点をめぐり正面衝突したようなもの」(朝鮮日報)と見解の相違を報じた。

 ただ、朝鮮日報は、日本側が再交渉に応じない立場を説明し、「その場合、韓国政府が一方的に『合意破棄』を宣言し得る。しかし、この場合、韓日関係の破綻はもちろん『国家間の約束破棄に伴う(韓国の)信頼低下』を覚悟せねばならない」と報じた。

 同紙は社説でも「一方的な破棄をすれば逆風も大きくなろう」と指摘。その上で、「文大統領は『歴史問題が両国の足を引っ張ってはならない」とも述べ余地を残した。韓日関係が韓米同盟にも影響を及ぼす点で、軽く考えてはならない」と合意破棄を戒めた。

 一方、ハンギョレ紙は 文氏が再協議には言及せず、「共同努力」を強調したことについて、「韓日両国がこの問題で葛藤を深める代わりに共に解決法を模索していこうという意味にとれる」と解釈した。その上で、「政権が変わったからといって国家間の合意を一方的に覆すことはできない現実を反映した発言とみられる」と分析した。

 同紙は「今は日本側に言う前に、国内的にこの問題に対する交通整理をするのが先だ」とする趙世暎(チョ・セヨン)東西大学日本研究センター所長の談話も紹介した。

「ニュース」のランキング