産経ニュース

拉致問題、欧州議会と初の政策対話 家族ら早期解決へ協力訴え

ニュース 国際

記事詳細

更新


拉致問題、欧州議会と初の政策対話 家族ら早期解決へ協力訴え

家族と共に日本海を眺める横田めぐみさんの写真を紹介しながら、拉致問題解決への協力を訴えるめぐみさんの弟、拓也さん(左)=3日、ブリュッセル(共同) 家族と共に日本海を眺める横田めぐみさんの写真を紹介しながら、拉致問題解決への協力を訴えるめぐみさんの弟、拓也さん(左)=3日、ブリュッセル(共同)

 【ブリュッセル=宮下日出男】日本人拉致問題を含む北朝鮮の人権侵害をテーマに、日本と欧州連合(EU)欧州議会の初の政策対話が4日、ブリュッセルで開かれ、日本から加藤勝信拉致問題担当相や拉致被害者家族が出席し、早期解決への欧州の協力を訴えた。

 対話は欧州で拉致問題への理解を広めることが目的で、議会から対朝鮮半島交流議員団団長や対日交流議員団団長ら3議員が参加。

 横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=の弟、拓也さん(48)が高齢化する被害者の親が「(被害者と)二度とあえないとのリスクを恐れている」と早期解決を訴えた。田口八重子さん(61)=同(22)=の長男、飯塚耕一郎さん(40)は欧州にも被害者がいる可能性を紹介し、解決には「EU各国の協力が必要」と呼びかけた。

 欧州議会は北朝鮮と対話の枠組みを持つことから、加藤担当相は北朝鮮が「誠実な対応」をとるよう「粘り強く説明してもらうことを期待する」とした。

 対日交流議員団団長のペトル・イェジェック氏は対話後、「問題をより理解できた」と感想を述べた。

このニュースの写真

  • 拉致問題、欧州議会と初の政策対話 家族ら早期解決へ協力訴え

「ニュース」のランキング