産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


米が日本に諜報機器提供 スノーデン文書で公開

 米ネットメディア「インターセプト」は24日、米中央情報局(CIA)元職員のスノーデン容疑者が持ち出した機密書類の中に、米国と日本の諜報活動協力などに関する計13の文書があったとしてネット上で公開した。

 米国の国家安全保障局(NSA)が2013年、ネット上の電子メールなどの情報を収集・検索できる監視システムを日本側にひそかに提供したことなどが明記されており、日本側でも懸念を呼びそうだ。

 インターセプトによると、このシステムは「XKEYSCORE」と呼ばれ、最も強力なスパイ機器の一つと指摘。12年9月に日本側が米国に対し、ハッカーによる悪質なウイルスを特定する情報を共有し始めた見返りとして、NSAが日本側に提供。通常のネット利用者のほぼ全ての情報を監視することが可能としている。(共同)

「ニュース」のランキング