産経ニュース

【仏大統領選】出口調査は大丈夫? 当たらぬ世論調査でメディア側も不安視

ニュース 国際

記事詳細

更新

【仏大統領選】
出口調査は大丈夫? 当たらぬ世論調査でメディア側も不安視

 【パリ=三井美奈】フランス大統領選第1回投票では午後8時(現地時間)の投票終了直後、出口調査を元に各メディアが一斉に決戦投票に進む2人を報じるのが通例だが、異例の接戦となった今回は結果発表が大きく遅れるとの見方が強い。調査の信頼性にも疑問が出ている。

 大統領選に向けた各党予備選で、世論調査は軒並み外れた。与党・社会党の公認候補となったアモン前国民教育相、中道右派「共和党」公認のフィヨン元首相は共に、事前の支持率調査ではいずれも3位だった。

 23日に出口調査を行う仏調査機関Ipsosは確度を高めるため、対象とする投票所を250カ所から500カ所に倍増する予定。英国の欧州連合(EU)離脱を決めた昨年6月の国民投票、米国でトランプ大統領を生んだ昨年11月の大統領選は世論調査と異なる結果が出たため、出口調査を報道する仏メディアは「危険な任務」(ルモンド紙)と慎重になっている。

「ニュース」のランキング