産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


エホバの証人を禁止、過激派団体とロシア最高裁

裁判に出廷した「エホバの証人」のマーク・サンダーソン氏=20日、モスクワ(AP) 裁判に出廷した「エホバの証人」のマーク・サンダーソン氏=20日、モスクワ(AP)

 ロシア最高裁は20日、宗教団体「エホバの証人」を過激派団体と認定し、ロシア国内での活動禁止と、所有財産を国有化する決定を出した。インタファクス通信が伝えた。

 露法務省は、同団体の活動が「社会秩序や安全を脅かしている」などと主張し、活動の禁止を求めていた。同団体が配布する書籍が、過激主義的な内容であるなどとの理由に基づいている。エホバの証人側は、露当局の指摘の多くは中傷だとし、抗告措置や欧州人権裁判所(フランス・ストラスブール)に訴える構えをみせている。

 ロイター通信によると、エホバの証人は米系団体で、露国内に約17万5000人の信者がいるという。ロシア政府は「過激主義」を根拠に国内での情報統制の動きを強めているが、その定義はあいまいで、乱用の危険性が指摘されている。(モスクワ 黒川信雄)

このニュースの写真

  • エホバの証人を禁止、過激派団体とロシア最高裁

「ニュース」のランキング