産経ニュース

【北朝鮮拉致】「拉致を第一、最優先に」 拉致議連総会に家族出席、有事の被害者保護は「政府が責任を」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
「拉致を第一、最優先に」 拉致議連総会に家族出席、有事の被害者保護は「政府が責任を」

「拉致議連総会」冒頭で挨拶する家族会の横田早紀江さん(中央)。左は家族会代表の飯塚繁雄さん、右は救う会の西岡力会長=20日午前、衆議院第1議員会館(宮川浩和撮影) 「拉致議連総会」冒頭で挨拶する家族会の横田早紀江さん(中央)。左は家族会代表の飯塚繁雄さん、右は救う会の西岡力会長=20日午前、衆議院第1議員会館(宮川浩和撮影)

 20日に開かれた超党派の拉致救出議員連盟総会に拉致被害者家族会代表で田口八重子さん(61)=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(78)が出席し、「被害者は精神、肉体ともに限界に達している。拉致問題を第一、最優先に一致団結して、被害者帰国という目標へ力添えをお願いしたい」と訴えた。

 総会後の取材に、飯塚さんは有事の拉致被害者保護について、「政府が全ての責任を持って対応してほしい」と強調。横田めぐみさん(52)=同(13)=の母、早紀江さん(81)も「既に拉致から40年たった。助ける術を国全体で真剣に考えていただきたい」と力を込めた。

 一方、北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使が平壌で日本の報道陣に対し、残留日本人問題などへの取り組みを示唆した上で「拉致には誰も関心がない」と述べたことについて飯塚さんは「(宋氏が)以前から言い続けてきたことで経済支援を取り出す意図もあるのでは。思惑の中の戦術だ」と冷静に語った。

「ニュース」のランキング