産経ニュース

母ダイアナの死ショック、現在も 「克服できない」…ウィリアム英王子、番組で語る

ニュース 国際

記事詳細

更新


母ダイアナの死ショック、現在も 「克服できない」…ウィリアム英王子、番組で語る

ウィリアム英王子(左)=20日、ロンドン(ロイター) ウィリアム英王子(左)=20日、ロンドン(ロイター)

 【ロンドン=岡部伸】英BBC放送は19日、英王室のウィリアム王子(34)が20年前の母ダイアナ元妃の事故死に対して「ショックは20年経過した現在も感じ続けている」と告白したと報じた。

 同放送が放映予定のドキュメンタリー番組で発言したもので、ウィリアム王子は「(親の死は)克服できない。対応の方法を学ぶしかない」と述べ、精神的な問題をオープンに語り合うべきだと訴えた。

 ウィリアム王子は18日も心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患っていると昨年公表した米歌手のレディー・ガガさんに映像で、精神疾患を人前で話せるようにしようと呼びかける動画をフェイスブックで公開している。

 ウィリアム王子の弟ヘンリー王子(32)も17日付英紙デーリー・テレグラフのインタビューで、母の死で長年にわたり苦しみ、数年前にカウンセリングを受けたと告白しており、元妃がパリで事故死した際、15歳だった長男のウィリアム王子、12歳だった次男のヘンリー王子ともに20年間深刻な精神の不調に悩まされ続けたことが明らかになった。

「ニュース」のランキング